2014年度開講

4月19日(土)2014年度MOKスクール大阪の第一回目講義がありました。
今年は新入生も50名を超えるお申し込みをいただき初日は超・超・超満員でのスタート!

complec-img26.jpg

【第一講義 : 三澤康彦さん × 三澤文子さん】
毎年定番となるこの講義は「最高の」木造住宅を創るための設計監理手法について夫妻が長年培ってきたノウハウが惜しみなく紹介されます。新入生の皆さん、木造設計について理解は深まりましたでしょうか?また感想をお聞かせください。

complec-img27.jpg

【第二講義 : 眞瀬悦邦さん】
浜松より番匠の眞瀬悦邦さん登場。設計施工の工務店としてクオリティーの高い木の家を創りつづける眞瀬さんの「実施設計で大切にしていること」「施工で大切にしていること」のお話は家づくりに携わる全員が初心に返るような、初回講義にピッタリの内容でした。

complec-img28.jpg

【第三講義 : 伊礼智さん】
家づくりの「標準化」についてここまで整理されたお話ができるのはやはり伊礼さんならでは。「住宅設計の標準化は料理の下拵えと同じ、きちんと下拵えができているので僕の現場は設計変更がほとんどないですよ」と。耳が痛いと思った方もいらしたのでは(私もそのひとり、笑)
ハーフユニットバスの開発、わざわ座の活動、今後の伊礼さんの活動にも注目ですね。


2014年最初の講義は120名を超す参加者で熱気溢れる講義となりました。
次回は「木造」×「改修」をテーマに3つの講義を予定しています。どうぞお楽しみに!「
(事務局)

12月

-

11月

-

10月

-

9月

-