2018年度第7回講義が終了しました

2018年度6回目の講義が終了しました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。


第一講義:速水 亨 氏 (速水林業)

第二講義:伊礼 智 氏 (伊礼智設計室)


12月8日は2018年最後の講義でした。

48218164_1577455492354595_5727135316356104192_n.jpg

第一講義 速水亨氏(速水林業)

「森林経営と山側から見た木材をお話しさします〜FSC認証速水林業の森へ来てください」

久々に尾鷲から速水さんにお越しいただきました。

「今、僕の周りに居た林業家はみんな林業を辞めてしまった」

衝撃的な言葉から講義は始まりました。

日本の林業の問題点も世界の森林破壊の話から絞っていき具体的な数字をもって説明頂きました。

今後ますます深刻化する日本の林業(世界の森林)、たくさんの宿題をいただいた気分です。

48020965_1577455522354592_5750043323293237248_n.jpg

第二講義 伊礼智氏(伊礼智設計室)

「町と家の間を考える〜沖縄の外部空間から学ぶ」

【やわらかな境界 ゆるやかなつながり】

街と家の間に焦点を当てて講義いただきました。

沖縄出身の伊礼さん、ひんぷん、アマハジなど沖縄に昔からある外部空間の装置を現代の暮らしに

組み込んだディテールなども紹介頂きました。

高気密高断熱の家に住む人は窓を開けなくなったと言う。それは違うのではないかと思う。

だからこそ、外へ出て行きたくなる外とつながる設計が大事。

ふだんカーテンを閉めなくていい窓の取り方を考えましょう。

伊礼さんの言葉から。

48243136_1577455525687925_6934748724056817664_n.jpg

これで2018年度の講義は終了しました。

来年のプログラムの発表は年明け2月頃になるかと思います。

また来年もよろしくお願いします。