2018年度第5回講義が終了しました

2018年度5回目の講義が終了しました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。


第一講義:辻 充孝 氏 (岐阜県立森林文化アカデミー)

第二講義:南 雄三 氏 (住宅技術評論家)

第三講義:小泉 雅生 氏 (小泉アトリエ パートナー/首都大学東京大学院教授)


9月8日は第5回目のMOKスクールでした。

今回は環境DAYです。

第1講義 辻充孝氏(岐阜県立森林文化アカデミー)

「暮らしから読み解く心地いい省エネ住宅 数字で理解する温熱・省エネ設計術」

定番の辻先生の講義。

一般の住まい手にも省エネ住宅をやさしく理解してもらいたい。

そのために光熱費(暮らし)から性能の説明をするツール(環境家計簿)を使ってエネルギー消費量を

算出する方法を教えていただきました。皆さん、実務で(もしくはご自身の家庭で)実践してみてくださいね。

41291254_1469716656461813_3455954282359029760_n.jpg

第2講義 南雄三氏(住宅技術評論家)

「南雄三のわかり易い「結露」講座 結露の基礎〜謎の結露まで」

講座序盤から「俺の前で結露すんじゃねぇ!」と荒々しい語気の南先生(笑)

2年ぶりの講義はみっちり結露について。

特に原因不明の謎の結露について、頭の引き出しに入れておきたい事例をいくつも紹介いただきました。

41286816_1469716649795147_5598894537859661824_n.jpg

第3講義 小泉雅生氏(小泉アトリエ パートナー/首都大学東京大学院教授)

「環境のイエ フィジックスと住空間デザイン」

LCCM住宅デモンストレーション棟を始めこれまで取り組まれた環境配慮住宅を性能的に意匠的に解説頂きました。

デザインが良く、夏も冬も旨とする住まいを作ろうと取り組まれている小泉先生のお話は終始ワクワクさせられるもので、

また時おり挟まれる自虐ネタに笑いが起こる楽しい講義でした。

41272419_1469716663128479_2022100130856960000_n.jpg