「MOKスクール大阪」は国産材で建てる“まっとうな木造住宅”の普及啓蒙活動を行うグループです。

阪神淡路大震災において、多くの木造住宅が倒壊し、たくさんの犠牲者が出ました。
木造住宅に関わるつくり手は大きなショックを受け、木造住宅を根本から見直さなければならないと強く感じ、私たちはまず木造住宅に関わるつくり手たちの、とくに木構造のレベルを上げないといけないと考えました。 そこで1995年から木構造や木質材料の先進的な研究者や実務者を呼んで勉強する場をつくりました。
それがMOKスクール(モクスクール)です。

「木の住まい」を設計するMOKスクールは実践の場です。

MOKスクール(モクスクール)のテーマはその後、わが国の森林資源の問題やシックハウス問題、温熱環境などにも範囲を広げ、「まっとうな木造住宅」を普及させるための勉強の場を提供し続けています。現在では、関西はもとより全国から毎回100名程度の方が受講されます。
木の住まいを創りたい、具体的な例を自分の目と頭で確かめたい。そんな熱心な方々がスクールに入り、明日の「木の住まい」を創ってゆける内容のセミナーです。 木構造、木材調達、室内環境、コスト、施工手法など、木造界の第一線で活躍されている講師が木の住まいを語ります。

更新情報・お知らせ

2019年度の募集を開始します!

2019年度の開講日は4月20日(土)です。
今年もたくさんの方の参加をお待ちしております。
2019年度カリキュラム↓
http://www.mokosaka.jp/20190301.html

次回の予定講義

2019年第3回講義(7月27日) 開催のお知らせ

2019年第2回講義は、2019年7月27日(土)13:15~です。
受講を希望される方は、受講申込フォーム・メール・FAX等でご連絡ください。

日程・講師講義タイトル
第3回 7月27日(土)
190625img01.jpg 第一講義
今津康夫(ninkipen!一級建築士事務所)
絵になる日常をつくる設計手法
~ ニンキペンの人気の秘密 注目設計
190625img02.jpg 第二講義
高野保光(遊空間設計室)
心落ち着く住まいをつくる設計手法
~ これまでの設計事例を振り返り 注目設計
190625img03.jpg 第三講義
荻野寿也(荻野寿也景観設計)
庭から建築を考える
~ 美しい住まいと緑のあり方 ランドスケープ

前回の講義内容

2019年第2回講義が終了しました

2019年度第2回講義が終了しました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。

第一講義:石牧 真志氏+西久保 美和氏((有)石牧建築/しましま設計室)
第二講義:菱田 昌平氏(菱田工務店)
第三講義:水澤 孝彦氏(水澤工務店代表)+川嶋 健史氏(水澤工務店工事部長)

講義会場のお知らせ(2012年度より会場変更)

■ 通常講義会場
大阪工業技術専門学校 5・6号館(MAPはこちら)
大阪市北区天満1-8-24

最寄駅は、
大阪市営地下鉄 谷町線「天満橋」駅、京阪電鉄「天満橋」駅下車 徒歩7分
大阪市営地下鉄 谷町線「南森町」駅、JR東西線「大阪天満宮」駅下車 徒歩15分

■ 後援:大阪工業技術専門学校

事務局 連絡先

MOKスクール大阪事務局(MAPはこちら)
事務局長: 西久保 (にしくぼ)・前川
〒553-0003 大阪市福島区福島2丁目9-15
※事務局不在の時間も多いため、まずはメールでお問い合わせください